艦上攻撃戦闘機「南山三三型」(M6A3−B)

南山三三型
画:胃袋3分の1

発動機 ハ42−21(陸軍名ハ214)
全 長 10m
全 幅 12.2m
自 重 3.2 t
全 高 4.1m
最大速度 620km/h
航続距離 1200km
兵装
機銃 胴体内:12.7o2丁
翼 内:12.7o4丁
爆雷装
降爆:250kgまで
水平:800kgまで
雷撃:800kg航空魚雷

海軍が商船改装空母や小型空母から新型攻撃機(天山、流星)を発着艦させること が不可能であると判断した結果、小型、低速空母用に潜特型用として開発中の、「晴 嵐」の陸上練習機型「南山」を艦上機とした物。あるていど、戦闘機とも渡り合え る。

制空、雷撃、水平爆撃、急降下爆撃のすべてをこなす万能飛行機となったので、の ちに小型空母の艦載機はこれで統一されることとなる。


胃袋3分の1からのコメント(1998/7/26改訂)

 作者のN1K2J氏の要請により、スケッチをもとに 描いてみました。
 なお、機体は晴嵐から、エンジンナセルは同系列のエンジンを装備 していたキ67(4式重爆)からかっぱらって合成しました・・・。
 渡部さんにフォトレタッチのやりかたをちょっと教えていただいて やり方を変えて描き直してみました。前よりはずいぶんと写真っぽく はなったと思います(笑)。でも、渡部さんのレベルになるのはいつ のことやら・・・。ツールを使いこなすのは難しいですね〜。