球磨型(Light Cruiser Kuma Class)

球磨型(新造時)

大正7年(1918)の八四艦隊計画修正案に基づいて建造された軽巡洋艦。
球磨型は長らく連合艦隊の主翼の一端を担ってきたが、特型以来著しい発展を遂げた艦隊駆逐艦を率いるには速力、攻撃力、航洋性、通信能力などあらゆる面で限界に達しつつあった。
そこで、昭和7年(1931)に策定された@計画で新型旗艦巡洋艦4隻(のちの最上型)の建造が盛り込まれたため、5,500t型14隻のうち、最も旧式である球磨型5隻を連合艦隊から海上護衛総司令部に移管する事が決定された。
比較的艦齢の若い北上、大井及び木曽は殆ど改装をしないまま採用されたが、最も古い球磨及び多摩は当時研究中であった航空機による対潜攻撃の実験を重視した航空巡洋艦に改造された。
この航空巡洋艦化改装は三番煙突以降をフラットにしてカタパルト1基と水上機4機を搭載できるようにしただけの簡単なものであったが、この2隻での経験は後に建造される利根型航空巡洋艦に生かされている。
昭和10年(1935)、英国海軍がC級巡洋艦の一部を高角砲を主兵装とする防空巡洋艦に改造し、日本海軍も当時海上護衛総司令部に有った10隻の5,500t型の防空巡洋艦化改装を実施する事とした。
球磨及び多摩も改造を実施し、主砲であった14cm単装砲を全て撤去し、八九式12.7cm連装高角砲を3基搭載した。
残りの8隻のうち、球磨型の北上、大井及び木曽は練習巡洋艦に変更されたが、阿武隈を除く5隻の長良型は八九式12.7cm連装高角砲を7基14門搭載する本格的防空巡洋艦に大改装された。
阿武隈及び川内型3隻は連合艦隊に所属していたため、防空巡洋艦には改造されず、戦時に水雷戦隊旗艦として用いることを前提とした魚雷戦能力の強化を中心とした改装を実施している。
海上護衛総司令部所属の5,500t型の各艦はこの状態で対米戦に突入し、主に南方資源地帯と本土とを結ぶ海上交通路での護衛作戦を実施した。
新型の護衛巡洋艦である飛鳥型が竣工を開始した昭和18年(1943)以降も海上護衛作戦任務の激増の影響で既に艦齢を大幅に超過していた球磨型も老骨に鞭打って活躍を続け、昭和18年(1943)に対空兵装の強化と搭載機を水上機からオートジャイロに変更するための改装を行なった。
この改装の際に後檣及びカタパルトを撤去し、その位置に搭載機格納庫を新設している。
多摩は昭和19年(1944)10月に米海軍の潜水艦ジャラオの雷撃を受けて沈没したが、球磨は残存して停戦を迎えた後、他の生き残った5,500t型全艦と共に解体処分を受け、その長い人生に終止符を打った。
球磨型(球磨航空巡洋艦改装完成時)
◎要目(球磨航空巡洋艦改装完成時)
 基準排水量:5,170t 全長:162.1m 最大幅:14.2m
 機関出力:90,000馬力 速力:36.0kt
 兵装:14cm単装砲4基、25mm連装機銃4基
    53.3cm連装魚雷発射管2基
 搭載機:水偵4機
 同型艦:球磨、多摩

球磨型(球磨最終時)
◎要目(球磨最終時)
 基準排水量:5,860t 全長:162.1m 最大幅:14.2m
 機関出力:90,000馬力 速力:33.0kt
 兵装:12.7cm連装高角砲3基、25mm三連装機銃16基、同単装12基
    53.3cm連装魚雷発射管2基
 搭載機:艦上対潜回転翼機8機