「長門」級戦艦
  Imperial Japanese Navy NAGATO Class Battleships

「長門」級戦艦

「長門」級戦艦・最終形態


 要目(近代化改装工事後)
 ・基準排水量 41.800t ・最大排水量 47.600t
 ・全長 235.6m ・最大幅 32.8m ・吃水 9.6m
 ・機関出力 149.000hp ・速力 31.2kt
 ・航続 9.600海里(18kt)
 ・武装 50口径41センチ砲連装四基
     62口径15.5センチ砲三連装四基
     65口径12.7センチ砲高角砲連装十二基
     40mm機関砲連装六基  25mm機関砲連装二十五基
 ・搭載機 三機
 ・同型艦「陸奥(MUTSU)」

 概要

 言わずと知れた八八艦隊一・二番艦である「長門」級戦艦は、彼
女を拡大した「加賀」級と共に、ワシントン条約による海軍休日期
間中その偉容を世界に轟かせた。
 その本級も艦齢が10年を経て改装を加える時期となり、1934年の
第一次改装時においてもそれなりの改修を本級に加えていた。
 しかし、改装時の排水量の増加は3000トンまでというロンドン条
約の制約上、本級において不安とされた水平防御に十分な手を加え
ることができなかったのである。
 しかしながら、ソビエト新鋭戦艦の脅威を受けた条約参加国等に
より更新された1937年の改正ロンドン条約において、旧式戦艦に大
幅な改装を加えることが可能になったことで、本級も徹底的な改修
を加える事が可能となり、本級も高速重防御戦艦として改装を加え
られたのである。

 主な改装点は以下のとおりであった。
 ・艦首・艦尾の延長
 ・機関の更新
  (艦本式高中低圧タービン四基、ロ号艦本式重油専焼缶)
 ・水平・水中防御の強化
 ・主砲を50口径41センチ砲に更新、副砲の砲塔化、高角砲の増設
 ・艦橋構造部の大型化
 ・水上機運用設備の設置

 こうして本級は、同じく本来の姿に改装される途中の新鋭戦艦で
ある「六甲」級と共同運用できるまでに強化された。本級の「六甲」
級との能力上一番の相違点が、副砲装備の有無であった。「六甲」
級は条約型戦艦としての制限を遵守するために副砲を廃止していた。
 しかし本級は、「最上」級建造打ち切りにより余剰となった、62
口径15.5センチ砲塔をその第二次改装時に装備していたのである。
また、この副砲の装備がトラック沖海戦における本級二番艦「陸奥」
の喪失という悲劇に繋がるのである。

 15.5センチ砲。この砲は、装甲艦という艦種の登場により建造が
うち切られた「最上」級のために開発された砲である。
 この砲は、後に65口径12.7センチ両用砲と並ぶ傑作砲であり、初
速・貫通力に優れた砲であったため、本級ならびに「加賀」級の更
新時に完成していた砲塔をそのまま流用したわけである。
 しかし、もともと軽巡並の防御力しかないこの砲塔を強化せずに
装備したことが、これら改装された姉妹達に共通するアキレス腱と
なってしまったのである。 
 改装の修理した本級は、「六甲」級とともに第二戦隊第三小隊に
配備された。そして本級は、「六甲」級とともに訓練に励み、対米
戦に備えることになったのである。こうして、開戦つまり「陸奥」
の爆沈へと繋がってしまうのである。

 開戦初頭、来襲する米艦隊を迎え撃った日本海軍は、前日行われ
たトラック沖航空戦において、母艦航空隊と基地航空隊との巧みな
連携により、「レキシントン」「エセックス」を始めとする空母四
隻を撃沈破し、対米戦前半の日本の優位を決定付けたのである(日
本側の損害は、「赤城」大破、「葛城」・「伊吹」中破、「蒼龍」
小破)。
 このトラック沖空海戦の後半のクライマックスであるトラック沖
夜戦において、「長門」級の姉妹の運命が引き裂かれることになっ
た。

 トラック沖海戦参加艦艇
 日本 
 ・戦艦 「長門」「陸奥」「六甲」「雲仙」「生駒」「野呂」
 ・装甲艦 「阿蘇」「鞍馬」「鷲羽」「穂高」
 ・軽巡洋艦 「高雄」「愛宕」「摩耶」「鳥海」
       「阿賀野」「能代」
 ・防空巡洋艦 「九頭竜」「利根」「筑摩」「鈴谷」
 ・駆逐艦 24隻

 アメリカ 
 ・戦艦 「コロラド」「メリーランド」「ノース・カロライナ」
     「メイン」「インディアナ」「マサチューセッツ」
 ・装甲艦(米海軍呼称は大型巡洋艦) 
      「アラスカ」「ハワイ」「グアム」「フィリピン」
      「プエルト・リコ」「サモア」
 ・重巡洋艦 「ニューオーリンズ」「ノーザンプトン」
 ・軽巡洋艦 「ブルックリン」「ヘレナ」「クリーブランド」
       「バルチモア」
 ・駆逐艦 20隻
   (詳しいことはきかんで!!そのうち調べますから(核爆))

 この夜戦は、前日行われた航空戦と同じく日本の先制攻撃から始
まった。全艦が30ktオーバーという高速でもって突撃をかけた日本
艦隊の攻撃により、最初に旗艦「マサチューセッツ」をオルデンド
ルフ中将ごと失った米海軍が終始翻弄されるというものであった。
 しかしながら「コロラド」座乗の次席指揮官がその指揮を継承、
そして残る戦艦五隻の砲撃対象となったのが、角度的に狙いやすか
った最後尾の「陸奥」であった。42門にものぼる十六インチ砲の
乱射を受けた「陸奥」は、何百発にものぼる内の一発が弱点とされ
た副砲天蓋を貫通、右舷後部副砲弾薬庫内で炸裂したそれにより、
搭載されていた副砲弾が誘爆、その爆発が隣接する高角砲ならびに
後部三番主砲にまで回り「陸奥」は爆沈してしまったのである。
 しかし「陸奥」に米海軍の射撃が集中したため、相対的に技量に
優れた日本海軍は、その陸奥が沈没するまでに「インディアナ」
「ノース・カロライナ」を脱落させていた。そのため海戦にお
ける優位に変化はなかった。しかしかつて連合艦隊の旗艦をも務め
た「陸奥」の喪失は海軍ならびに日本国民にとって衝撃であった。

 トラック沖海戦後、残された「長門」は副砲を撤去し、その浮い
たスペースに高角砲四基を増設した。そして改装のなった「長門」
は、「六甲」級三隻らと一緒に新編の第三機動艦隊へと配属、その
後の対米戦を乗り切ったのである。
 増設された高角砲によって来襲する米艦載機から空母を守る守護
天使としての役割を果たした「長門」ではあったが、防御力に不安
があるとの判断からその後米戦艦と砲火を交えることはなかった。

 対米戦終結後の必然的な軍縮の流れにより、「陸奥」を失った日
本海軍現役最古参の戦艦「長門」は、すぐさま保管艦とされた。
そして1953年に廃艦となった「長門」は、横須賀にて記念艦として
余生を送ることになるのである。

 あとがき
 うにゃうにゃうにゃ、岩本でございます。「長門」です。
 かDoさんや天城さんも「長門」級を描かれるとのことでひっじ
ょーに戦々恐々としています。もともと「金剛」級並の改装を「長
門」でやってみたらどうかな…という事で描き始めました。
 この世界で「金剛」級、「扶桑・伊勢」級は廃艦となりますので、
(トルコやABCにでも売るかな)、「金剛」級に搭載されていた
機関を出力アップして、艦腹は「扶桑」なみにしときゃあいいか!
てなことで描き始めていたら、かDoさんの「神室」や天城さんの
高速戦艦「扶桑」を見て、「ケースメイトを排除スルゥ!」という
ことに相なりまして、暴走しました。ハイ(^^;)。