改「高雄」級軽巡洋艦
    Imperial Japanese Navy Kai-TAKAO class Lightcruisers

「高雄」


・要目
 ・基準排水量 13.000トン
 ・全長 203.76m ・全幅 20.28m ・吃水 6.32m
 ・出力 132.800hp ・速力 34kt ・航続 6.200海里(18kt)
 ・武装 62口径15.5センチ砲三連装4基
     65口径12.7センチ連装高角砲8基
     40ミリ機関砲連装6基
     25ミリ機関砲三連装11基
     61センチ魚雷発射管4連装4基
 ・同型艦 「愛宕(ATAGO)」「摩耶(MAYA)」
      「鳥海(CYOUKAI)」

・概要

 「高雄」級もまた「妙高」級と同じく、装甲艦条項の成立により
その価値を大幅に減じた重巡の活用策として、従来の5500トン
軽巡の代替艦として、砲兵装を更新して多用途軽巡洋艦として再就
役させた艦種である。

 本級は、竣工時において艦隊旗艦設備が付加されたため、非常に
巨大な艦橋を装備している。それが本級を本級たらしめる最大の特
徴でもあるのだが、内外の評価の低さと裏腹に運用上さして問題は
生じることはなく、むしろ平時において訓練時に士官の研修スペー
スをとれるとういうことや、海外訪問の際に日本海軍の偉容を際だ
たせる存在でもあった。

 そして、軽巡化改装においても多少の手は加えられたものの、そ
の艦橋デザインがあまり変化することはなかった。本級も「妙高」
級と同じく砲兵装の変更により対水上・対空・水雷戦能力を大幅に
向上し、39年にはそろって再就役している。「妙高」級との違いと
いえば、これまでの艦隊旗艦設備を最新技術により拡充していると
いう事と、機関砲の装備が多少異なるぐらいである。

 その後本級は、「摩耶」が対蘇援欧艦隊の旗艦として「鳥海」と
共に2年間ヨーロッパに派遣された。そのおりドイツキール軍港に
おいて、巨大な艦橋内に大規模な指揮システムをキール軍港におい
て装備したことによる指揮能力の向上は、かつて本級を「甲状腺の
肥大した河馬のようだ」と評したジェーン海軍年鑑を沈黙させてい
る。

 その後対米戦には、「高雄」・「愛宕」と揃って参戦しており、
初頭のトラック沖海戦では、本級に対抗すべく建造された米条約型
重巡を傑作砲である15.5センチ砲でもって沈黙させている。
 水雷戦というものがそう起こるものではなくなった中盤以降にな
った際には、雷装やカタパルトを撤去、対空装備を強化した姿で空
母機動部隊の護衛艦として活躍している。

 「高雄」級に戦没艦はなく、その後も三番砲塔を復活し艦後部を
ヘリ甲板にするなど大改装を加えられつつ75年まで任務にあった。
本級の代艦として就役したフェイズドアレイレーダー装備の新型対
空ミサイル巡洋艦「霧島」級の艦橋デザインが本級に似ているとい
うのは有名な話である。

 本級の保存艦は、「摩耶」が神戸川崎造船所で一般公開されてい
る。ヘリ甲板になった後部も竣工当時の20センチ砲を復元の上装
備しており、技術史を見る上で大変貴重な資料である。

 ただし「摩耶」の艦名と同じ名前をもつ女性が登場するというテ
レビアニメの影響からか、「おたく」と呼ばれる若者の心ない行為
により装備品がはぎ取られるという問題が起こっている。
 この問題は、観艦式における現役艦艇にも起こっており、海軍は
その対応に苦慮している。なぜならば海軍は、同時期に起こってい
た装備品の購入における不正問題の解決策の一つとして採用した、
イメージアップ作戦においてこのアニメの登場人物を積極的にポス
ター等に活用してしまったからである。

 どうやらこれに懲りた海軍当局が、観艦式において、このアニメ
に登場する人物の名称を保有する艦艇の多く(特に「綾波」級対空
駆逐艦(三代目)と「蒼龍」級航空母艦)を参加させないと言う方
針を打ち出したため、その余波が「摩耶」に来ているのが実状であ
るらしい。イメージアップ作戦を提案した人物の人事問題も起こっ
ているらしい。
 この問題に苦慮した川崎重工では「摩耶」の一般公開を止めよう
としているらしい。非常に残念なことである。


 あとがき

 岩本です。「マヤ」って神戸川崎なんですかねえ(爆)
 という事で他にはさしたるコメントありません(笑)。

 次は「長門」「加賀」の改訂版か、「六甲」改装型ならびに超甲
巡を出す予定です。

 んでわっ!!