「雪空」級“得型”駆逐艦

「雪空」級駆逐艦

<要目>(値は「雪空」のもの、全て計画値)

一番艦竣工年:昭和3年(1928年) 同型艦数:32隻
基準排水量:1400トン 燃料搭載量:重油460トン 全長:102.8メートル 垂線間長:97.6メートル 全幅:9.2メートル 喫水:3.0メートル
主機:艦本式オールギヤードタービン2基 主缶:ロ号艦本式3基 出力:39000馬力 速力:37ノット 航続距離:14ノットで5000海里
武装:12.7センチ砲連装2基4門・8センチ高角砲単装1基1門・7.7ミリ機銃単装2基2門・61センチ空気魚雷発射管3連装3基9射線(予備魚雷9本)


 大正11年(1922年)、ワシントン海軍軍縮条約が結ばれた。これによって日本海軍の戦力整備計画は大きな方向転換を強いられた。一つ目は、その仮想敵アメリカに対して主力たる戦艦数で劣勢に固定されてしまったことである。ゆえに水雷戦力に対してより強い期待が持たれた。二つ目は、この条約の背景には世界的な軍縮の潮流と経済の失速とがあったことである。日本もその例外ではなく、これからは八八艦隊計画時のような豊かな予算は望めなかった。こうして、数はわずかでも敵を圧倒できるような強力な駆逐艦が望まれるようになったのである。
 とりあえず当面の対策として、当時建造中であった「神風」級の次には、発射出来る魚雷を大型強力なものに換装した「睦月」級を建造することになった。しかしそれでは海軍は不満足で、より強力な駆逐艦が望まれた。
 まだ「神風」級の前にあたる「峯風」級駆逐艦を量産していた大正10年、艦政本部はすでに改良型(「神風」級)の設計を完成させ、更に次世代の駆逐艦の試案作成にも当たっていた。それは二つの方向で行われた。まず「峯風」系列をより発展させること。こちらは当時の艦政本部第四部計画主任・平賀譲が当たった。もう一つはまったく新規の艦型の模索で、イギリス帰りの俊英・藤本喜久雄造船官が当たったのであった。
 新型駆逐艦の建造に当たって、藤本の研究が想起されたのは当然だった。こうして彼を中心として望ましい駆逐艦の設計が始められたのである。
 ここで問題となったのが平賀の存在である。平賀は確かに有能ではあったが、「あれは『譲る』ではなく『譲らず(不譲)』だ」と評されたほど我が強い性格で、海軍が望むほど高性能な、言いかえれば無理をした設計を是認するはずがなかった。これが藤本だと、使用者の要求は第一と新工夫をつぎ込んででも何とか実現することを目指すのであった。しかし艦政本部内の序列は先輩の平賀の方が上であり、波乱を起こすことが予想されたのである。
 結局、海外視察という体裁のいい形で平賀は蚊帳の外に出された。その間に新型駆逐艦の設計は着々と進められた。画期的なものということで、通称も今までの大型駆逐艦(「峯風」系列のこと)と中型駆逐艦(「樅」系列のこと)に対して、「特型」と称されることとなった。大正13年には予算獲得へ向けて軍令部長から海軍大臣へと「排水量1900トン、13センチ(注、12.7センチ砲の通称)砲4門以上・8センチ高角砲1門・61センチ魚雷発射管3連装3基・予備魚雷9本・39ノット・航続力が14ノットで4000海里(ただし5000海里分の燃料タンクを設けること)……」という新型駆逐艦の内容が商議という形で伝えられた。ここまで来ると正式決定まであと一歩である。
 平賀が帰国したのはその頃であった。平賀が艦政本部に戻って驚いたことに、そこは後輩の藤本が牛耳る組織になっていた。さらには、彼の席さえなくなっていたのである。
 これが平賀の「不譲」精神に火を点けた。このような陰謀を図った奴らを見返してやる。そのためには、藤本自慢の「特型駆逐艦」を叩き潰すしかない。平賀は対抗する設計を始めた。時間的な関係から全くの新規設計とはいかない。先の「峯風」系列発展型を基本とするのは止むを得ない。気に食わないが藤本設計の長所や新機軸をできるだけ取り込むことも仕方がない。こうやって設計の方は進められた。
 同時につてをたどって新型駆逐艦の研究委員会に出席できるようとりはかることも平賀は忘れてはいなかった。功績少なくない前計画主任に対する仕打ちに同情的な人々は少なくはなかったのである。
 そして、新型駆逐艦の艦型を決定する場に、平賀の新駆逐艦案が提出されたのである。それは先の商議の内容をほぼ満たしていた。藤本案(特型)と比較した欠点は、主砲1基が少ないことと速力が多少劣ることであったが、平賀はこう反論した。
 速力については目標となる米国戦艦ははるかに鈍足である。妨害となる巡洋艦に対しても、同等以上であり、これ以上いたずらに速くしても戦術的に有利になるわけではない。砲力については味方巡洋艦が援護すればよいことである。比較的小型で艦影が小さいのも襲撃に有利だ。また排水量が少ない点と、砲の少ない点と、今までの「峯風」系列の駆逐艦の生産設備を流用できる点から、藤本案に対してはるかに安価に出来るので、数で補えばよい。要塞に向かって爆弾を抱えて突っ込む工兵のような駆逐艦は数が勝負ではないか。そこでこの案をお得な駆逐艦・「得型駆逐艦」と呼びたい……。
 この提議は会議を紛糾させた。だが、平賀の説明のもっともらしさと大きさの割の性能に引かれた委員たちは、なんと平賀案を採用することにしたのである。平賀の大勝利であった。この後、藤本は艦政とは別系統の技術研究所へと飛ばされたが、本来ならばそれが平賀の運命だったという。


2002年8月 井中かえる


控え室へ