日本海軍 五式特殊陸上攻撃機「富嶽」
〜橋本純著「鉄槌 1944迎撃!本土決戦!!」(学研)より〜

クリックするとオリジナル画像

 中島飛行機の自主開発ながら、当時手に入れられる最高の機材を使って作られ、世界水準を抜くことになった機体。
 試作機である「Z機」が、その長大な航続力を買われて終戦工作用に使用された。しかし、その状態での爆弾搭載量が1トンに満たなかったことは、当時の最高機密であった。

全幅:72.00m
全長:46.00m
全備重量:125,000kg
エンジン:中島 ハ54空冷4列星型36気筒 5000馬力×6
最高速度:650km/h
武装:20ミリ×10
爆弾等:20,000kg(最大)


胃袋3分の1からのコメント:
 「鉄槌 1944迎撃!本土決戦!!」第5巻に掲載されたものです。
 男と生まれたからには、一度は描いてみたいのが「富嶽」でしょう(笑)。ということで、めずらしくなーんにも見ないでまっさらから仕上げた完全オリジナル「胃袋版富嶽」です。
 実際に「富嶽」の設計をされた方から、「コクピットが繭型の気密室だった」というお話しをお聞きしましたので、それを点線で盛り込んだバージョンも描いてみましたが、ちょっと線がうるさくなってしまったので、編集元のPeteさんとお話ししてそちらは使いませんでした。もっとも、設計者の方に描いて貰った図は、爆撃手席が気密室の中に入っていないデザインだったのですが、私の描いたものではそこまで含めて気密室にしてあります。
 ちよっとB−29っぽいですが、まあ、要求仕様を考えると致し方ないってとこでしょうね。あとから見ると主翼の位置があきらかに後ろ過ぎで、とってもフロントヘビーになっていますね(^^;;;;;
「富嶽」オリジナルサイズ(56KB・2810x775ピクセル)