日本海軍 四式陸上攻撃機「流星」
〜橋本純著「鉄槌 1944迎撃!本土決戦!!」(学研)より〜

クリックするとオリジナル画像

 十六試陸攻の量産型で、暗闇の中でも照準可能な四式改八型雷撃照準器を使用し、夜間雷撃に高い能力を発揮するなど、万能攻撃機という非常に困難な課題をクリアした機体である。
 戦後、ターボプロップ化されて「流星改」の名で親しまれ、アジア各国の空軍で主力爆撃機として使用された。

全幅:14.40m
全長:11.49m
全備重量:6500kg
エンジン:三菱 ハ43−11空冷複列星型18気筒 2200馬力
最高速度:590km/h
後続距離:1800km
武装:20ミリ×2、13.2mm×1
爆弾等:魚雷×1、爆弾:800kg×1、500kg×1、
     250kg×2、60kg×6のいずれか
乗員:2名


胃袋3分の1からのコメント:
 「鉄槌 1944迎撃!本土決戦!!」第5巻に掲載されたものです。
 ええ、そうです。前回展示した「十六試陸攻」のロケット弾無しバージョンそのまんまです(爆)。
 ただ、一部の線に段差ができていたりしたために、そういうところは直してあります。本で見たらわからないレベルですが(^_^;;;;;。
 てなことで、これ以上の説明は省略です。
「流星」オリジナルサイズ(123KB・3350x1290ピクセル)