大日本帝国陸軍 試製七糎五粍自走対戦車砲

和製ヘッツァー?(50K)



 盟友ドイツの駆逐戦車思想を取り入れ、一式中戦車の車体に一式自走砲と同じ長砲身 75mm 砲を搭載し、前面 50mm 厚の傾斜装甲を持つ密閉戦闘室に備えた自走対戦車砲。言わば和製ヘッツァーである。運転席の配置上、主砲が車体左寄りに搭載されているのが外見上の特徴である。
 本車は対M4戦車用として有望と思われたが、どういう訳だか本格的な量産には至らず、わずかな数の試作車両が本土決戦用として全国の対戦車砲部隊に分散配備されたにとどまり、戦局には何の寄与もしなかった。

試製七糎五粍自走対戦車砲 緒元
武装90式野砲改造 75mm 戦車砲
最大速度25Km/h
装甲厚前面 50mm/側面 20mm/上面 10mm/床面 8mm
重量16t
乗員四名


作者からのコメント
 元ネタはもちろん「ヘッツァー」です。きたうらさんの「一式中戦車改(砲戦車じゃないの?)」を見て「4号戦車より二回りも小さな97式に88ミリは無理だなぁ」と思ったのですが、「それなら97式に対戦車戦闘能力を付加するならどうする?」と考えると、同クラスのプラガ38(t)から派生したヘッツァーに至るしかない訳で…。
 相変わらずリベットだらけの装甲、一部ペリスコープを採用しながらも被弾に弱い外装ヒンジのクラッペ(覗き窓)や主砲の内装式防盾などで、まだ対戦車戦闘の思想が徹底していない様子を表わそうとしてみました。
 ドイツで「ブリキ缶」と呼ばれた本家のヘッツァーより更に攻撃力も防御力も劣りますが、当時の日本でまともに運用できる対戦車兵器はこの程度が限界じゃないでしょうかねぇ。

 戦車を描くのは初めてじゃないですが、転輪といいキャタピラといい疲れます。イラストレーターならともかく、フォトショップで描くもんじゃないですね。三面図を描く気力がなくて左下がポッカリ空いてしまい、仕方ないので占領軍報告書みたいな英文を入れてゴマ化しています。

文・画とも Copyright by Y.Sasaki 1998 7/20