マグダネル XB−27「ピジョン」

XB−27

 新興メーカーマグダネルが米陸軍に対して中型爆撃機の提案を行い、 1機の試作契約を結ぶことに成功した。この機体を提示するにあたって マグダネルでは、まずなによりも陸軍の関心を引くことに意を注いだた め、このような形態となった。実機は1941年2月に初飛行に成功した ものの、主翼形状から懸念される通り、翼端失速の傾向が著しく、後に 外翼に固定スロットを装着したりなどして対策を行ったものの、なかなか 根本的解決を行えなかった。また、新興メーカーゆえの悲しさで細かい トラブルも続出し、それらの解決に長い時日を要することとなり、すでに ノースアメリカン「B−25」とマーチン「B−26」の量産化が進んで おり、また、これらの機体と性能的にも大差なかったこともあって、1機 のみの試作で終わった。
 なお、1機だけ完成した機体は、この後ショッキングピンクに再塗装 されて「サイボーグ機長」の愛機となった。

 この機体が飛行している姿を目撃した人は、みな口々に「鳥だ!」 「飛行機だ!」「いや、XB−27だ!」と言ったとか言わないとか・・。

全長:18.32m
全幅:22.15m

性能
  最大速度:485q/h
  上昇限度:9852m
  爆弾  :最大1812s
  武装  :12.7o×1(機首),12.7o×2(胴体上面),
       12.7o×2(胴体下面)