第8回競争試作:艦船 イタリア海軍・大型巡洋艦


要求諸元
1936年9月・イタリア海軍発令

艦種:
 大型巡洋艦
速力
 艦隊戦をリードできる速力を有すること。
兵装
 プロヴァンス級/ダンケルク級フランス戦艦を撃破可能な兵装を有すること。
用途
 充実されつつあるフランス戦艦を牽制すべく、戦艦よりも機動性に優れる大型巡洋艦を整備する。

制式採用
アメリゴ・ヴェスプッチ
装甲巡洋艦 アメリゴ・ヴェスプッチ 作:SUDO氏


受賞の言葉
☆どうも、コメント係の倉田佐祐理ですーっ(ぺこり)
「ちゃんとドレスまで着てるのね」
☆もう受賞のコメントですから、気合ばっちりですっ
「まあ、あの長文は卑怯かなとは思ったんで、次はもっと短くします」
☆言い足りなかったとかぼやいてましたけどね
「まあ、伊の場合はね、仕方が無いでしょ」

☆個艦性能では無くて、早期建造とコスト圧縮が評価されたのは凄いですね
「ありがたいことです」
☆プリエーゼ廃止は後知恵ですよね
「ヴェネトの機関と改装戦艦の幅でシリンダー入れる場所なんか無いんだって」
「入れるには機関配置とシリンダーの徹底的な再設計が必要だから諦めたの」

「まあ、この艦が形になったのは海野氏のグラフィックのおかげです」
「本当に感謝していますm(__)m」
☆それと投票してくれた皆さん、有難う御座いましたーっ(ぺこり)
「次回も、捻くれた艦を考えてみようと思いますので、どうか宜しく」
☆次は日本海軍ですから、性能重視ですよねーっ
「どうせ量産するにはエンジンが足りないしね・・・」


人気第一位
ピエトロ・ミッカ
イタリア海軍 水雷嚮導軽巡「ピエトロ・ミッカ」 作:巣田 夏生氏


受賞の言葉
巣田 夏生です。
この度はイロモノ巡洋艦への投票、ありがとうございました。

今回の第8回イタリア海軍大型巡洋艦は、要求仕様を見る限り 超甲巡タイプの艦が多いだろうと想像していたのですが、 ここまで偏るとは思っていませんでした。(^^;;
皆さん、真面目なようで、砲戦で要求仕様を満たそうと 苦労なさっていたようで・・・・。

一方、砲戦以外で積極的に戦艦を撃破しようと考えるなら、 残る手段は雷撃ぐらいですが、「大型」巡洋艦で雷撃を行なおうと すると、迎撃砲火の的が大きくなるのがオチ。
ならば、本体を敵砲火に晒さずに雷撃を行なうには・・・・と
考えた結果が「魚雷艇母艦」でした。

結果的にはイロモノ艦でしたが、一応「真面目」に要求仕様を 満たすべく考えた結果が「魚雷艇母艦」であったことを お伝えしておきます。



イタリア海軍 - 巡洋戦艦試案
イタリア海軍 - 巡洋戦艦試案 作:天城氏


イタリア海軍大型巡洋艦
イタリア海軍大型巡洋艦 作:猫乃手本舗氏


ミラノ級
イタリア海軍大型巡洋艦ミラノ級 作:DON氏


レジナ・エレナ
イタリア海軍 装甲巡洋艦「レジナ・エレナ」 作:JT氏


B=ムッソリーニ
イタリア海軍大型巡洋艦「B=ムッソリーニ」 作:KAZU氏


最後の装甲巡洋艦
「最後の装甲巡洋艦」 作:黒のひと氏


ナポリ級
大型巡洋艦 ナポリ級 作:BB氏


トリアテッレ号
イタリア巡洋艦 トリアテッレ号 作:d.g.マーシャル氏