第2回競争試作・審査結果:飛行機


第2回要求仕様
日本陸軍 要求諸元
昭和18年8月発令

用途:
 重戦闘機
最大速度:
 620q/h以上
航続距離:
 正規  :1600q
 増槽使用:3000q
用途:
 敵大型爆撃機の迎撃を主目的とする
主要要目:
 敵大型爆撃機を一撃のもとに撃破することが可能であること
 また、良好な高々度性能を有すること
その他:
 昭和20年3月までに陸軍における審査を完了すること



飛行機の部は天城氏の「トリプル飛燕」が、採用されました。
私も総合性能的にはこの機体が一番いいかと思います!

制式採用作品
蒼燕
キ75乙「蒼燕」 作:天城氏


作者からの受賞の言葉が↑をクリックした文中にあります。

次点
怒龍
キ99「怒龍」 作:山賊改氏


キ71乙
高々度迎撃戦闘機 キ71乙 作:胃袋3分の1



毒猿
試作重迎撃戦闘機 三菱キ621「毒猿」 作:ささき氏


飛鏃
キ622立川飛行機5式双発重戦闘機「飛鏃」 作:SADA氏


烏龍
キ69−U甲 三菱試作重戦闘機「烏龍」 作:巣田夏生氏


鳳雛
陸軍五式高々度戦闘機「鳳雛」キ83−U 作:海野土左衛門氏


キ−86
三菱キ−86 作:CANA氏


雷鷹
立川飛行機 高々度戦闘機 『キ−94雷鷹』 作:olympia氏


襲鷹
高速戦闘機「襲鷹」 作:とわいらいと氏


昇鳳
キ101満州飛行機5式高高度双発双胴戦闘機「昇鳳」 作:SADA氏


キ103
重迎撃戦闘機 キ103 作:胃袋3分の1