第4回競争試作:飛行機・艦上偵察機


要求諸元
昭和16年8月発令

機種:
 艦上偵察機
最大速度:
 580q/h
航続距離:
 標準・1800km、最大・3500km
武装:
 後方旋廻・12.7o×1以上、前方固定・20o×2以上
爆弾:
 最大・250kg×2
乗員:
 2名
用途
 艦隊の目となる索敵行為を第一とするため、敵艦隊を監視可能な能力を 有すること。なお、非常時には敵艦載機から攻撃を受けることが想定 されるため、急機動が可能な機体性能を有すること。  また、小艦艇に対する対艦攻撃能力も付加すること。



飛行機の部は海野土左衛門さんの作品が前回の米重爆に続きが制式採用され、 2連覇となりました。
おめでとうございます!(^o^)

制式採用作品
四式艦上偵察機一一型
日本海軍四式艦上偵察機一一型C6M1 作:海野土左衛門氏


作者からの受賞の言葉
 どうも,今回めでたく採用させていただいた,海野土左衛門です。

 まず始めに,投票してくださった方々,どうも有り難うございました。今回の競作 は,ぶっちゃけた話「票,取れるかなぁ〜・・・」という事すら思っていたので,本 当に嬉しいです。どうも,有難うございました。

 2回連続の採用という事ですが,他の皆さんの物もかなりの力作揃いで,「よく採 用されたもんだ」とつくづく,感じております。
 と同時に,かなりの勉強になったとも思います。同じ要求から,こうまで個性的な ヒコーキ達が出揃ってしまうという事に,改めて驚き,そして感心しました。そし て,それらの独自性からも,学ぶべき所は多いと思いました。大体,私のヒコーキは 「独自性」というものが余り出ない傾向に有るので,これからの作品の参考にも,さ せて頂ければなぁ,と思います。

 それでは,最後にもう一回,お礼を申し上げたいと思います。

 皆様,どうも有難うございました!(^o^)

 愛機「雷電」の前で林原めぐみ「question at me」をがなりつつ・ ・・
                      (財)郷研聯盟会長 海野土左衛門

次点
D5A1−C「昴」
愛知15試艦上偵察/爆撃機 D5A1−C「昴」 作:巣田 夏生氏


紫雲改
N1K3-C「紫雲改」 作:SADA氏



三菱十六試艦上偵察機「早雲」
大日本帝国海軍 三菱十六試艦上偵察機「早雲」(C6M) 作:ささき氏


16試艦上偵察機「あえて熱田」
16試艦上偵察機「あえて熱田」 作:d.g.マーシャル氏


16試艦上偵察機「織女星」
16試艦上偵察機「織女星」 作:d.g.マーシャル氏


16試艦上偵察機「牽牛星」
16試艦上偵察機「牽牛星」 作:d.g.マーシャル氏


統合艦上攻撃機 『雷星』
海軍 中島飛行機 統合艦上攻撃機 『雷星』 作:olympia氏


十六試艦上偵察機
愛知 十六試艦上偵察機 作:胃袋3分の1