ハワイ旅行記1

 バブルのころは良かった。うちの会社ですら社員旅行が「ハワイ」 なんてことがあったくらいだから・・・。ところが今じゃ社員旅行に 行くこと自体がなくなってしまって・・・。
 これは社員旅行で「ハワイ」に行ったときのお話です。

 社員のほとんどが「ハワイ」はおろか海外旅行すら初めてだったた め、町中のもの何もかもが珍しいありさまでした。しかし、同時に日 本では見たこともないような形態の店などからは自然と足が遠ざかっ たりするのでした。
 さて、そんな社員旅行中のある日のこと、簡単な日本語なら通じ る場合の多いホノルル市内とはいえ、一人で歩くのはさすがに不安な わが社員たちは、そのときも5人で行動していました。そして、見慣 れた「Macdonald」の看板を見つけ、「おい、日本のとどう 違うのかなぁ?」「入ってみようか?」「あっ、う、うん・・・」と いうことになり、とりあえず中に入りました。
 何かを注文しようと思ってカウンタの後ろにあるメニューを見上げ ました。それはもちろん英語で書かれてありましたが、簡単な単語ば かりなので、これならなんとかなりそうです。そうやって気持ちが大 きくなったところでメニューの中に「Wapper」という見慣れな い名前を見つけました。みな、この商品に興味を持ち、 「おい、ワッパーって何かな?」「食べ物だとは思うけど、どんなや つだろう?」「気になるなぁ・・・」と口々にいっていると、その中 の一人で珍しく「ハワイ」にいても少しも物おじしていない仲居正宏 氏(仮名)がこう言いました。「あっ、オレが聞いてきてやるよ!」 彼はすっかり自信満々です。そうして、ツカツカとカウンターに歩み 寄るともったいぶるようにひとつ間をおいてから、カウンターの中に いる女子店員(もちろん現地人)にこう訪ねました。
「Who is Wapper?」
 一瞬、店内の空気が凍りついたのは言うまでもありません。質問を 受けた女子店員はわけがわからないという顔で金縛りにあったように 立ち尽くしています。残りの4人は仲居正宏氏(仮名)をおいたまま、 そそくさとその店をあとにしましたとさ!